デカフェってなに?なぜ人気なの?

subpage01

デカフェとは、簡単に言うとカフェインが入っていない飲食物のことですが、その多くはコーヒーのことを指しています。
大手のコーヒーショップでも販売されていたり、インスタントコーヒーや缶入りのコーヒーにもデカフェが増えてきています。


本来コーヒーにはカフェインが入っているものなのですが、海外では美容や健康に効果があるとしてデカフェは一般的なものとなっており、日本でも特に妊婦さんやカフェインを摂取しすぎると眠れなくなってしまう人などを中心にデカフェの需要が増えてきていると言われています。

美容の面から言うと、カフェインにはシミを増やす働きや肌荒れを引き起こす可能性があると言われています。
しかしコーヒーに含まれているポリフェノールにはシミの原因にもなると言われている活性酸素を除去する働きがあるため、シミを増やさずにコーヒーに含まれているポリフェノールを摂取したいという人に人気があります。

さらに健康の面で言うとカフェインには中枢神経を刺激して覚醒作用や強心作用があります。

wikipediaついて詳しく説明しているサイトです。

その反面では血管を収縮させる作用があるので血行が悪くなってしまったり、中枢神経を刺激して自律神経が乱れることで気分障害が出たり、カルシウムを排出してしまったり鉄分の吸収を阻害するなどのデメリットも存在しています。



デカフェならばこれらのデメリットを感じることなくコーヒーを飲むことができるので、健康にも大きな効果を期待することができるのです。