健康志向の方や妊産婦に需要の高いデカフェ

subpage01

デカフェとは、カフェインを除去したコーヒーのことです。

EU諸国では厳しい基準があり、コーヒー豆に含まれるカフェインを99.9%除去したものでないと、品名にデカフェとつけてはいけないことになっています。
日本では数値に対する基準がなく、ただ単にカフェインを除いたコーヒーを指していますので、どうしてもカフェインを避けたい場合には、EUの基準で作られたコーヒーを輸入する方法があります。
デカフェを作る方法は、いくつかあります。
コーヒー豆を直接薬剤に入れてカフェインを除去する方法は、安価に手間がかからずできるため、売価も安いのですが、豆に薬剤が付着している危険性が指摘され、あまり用いられなくなっています。

マイナビニュースをご紹介いたします。

超臨界の状態の二酸化炭素で除去する方法は、安全性が高いのですが、機械が高く、設備装置が大掛かりになるため、あまり採用されていません。

現時点で有害な薬剤を使わず、大掛かりな設備もいらない方法としては、スイス式の水に豆をつけて抽出する方法が支持されています。



デカフェを好む方は、持病がありカフェインの摂取をお医者さんから止められている方、カフェインを摂取して、子供に影響があったら困る妊婦の方や母乳育児をしている女性が多いと見られています。



近年では、夜遅くまで起きている方もいますので、寝る前にコーヒーを飲んでカフェインの影響で眠れなくなるから困るといった方も見受けられます。
健康や子供への影響を考えてデカフェを摂取する方にとっては、水によるカフェイン除去をしたコーヒーが最適だと考えられています。